離婚カウンセラーの仕事は、一般的に離婚の方法や慰謝料の取り方など、円満離婚の方法についてアドバイスをする職業であると考えている人が多い物ですが、実際はそうではありません。むしろ現状に於いてその状態を改善し夫婦関係を修復する方法が無いかを親身になって相談に乗ってくれる職業であると考えるべきです。離婚カウンセラーの仕事は弁護士とは異なり、法律的な見地からではなく、夫婦問題から生じる精神的な問題を解決する事が中心となります。きっかけは離婚したいといった事であっても、その原因がどのような物なのかを分析し、精神的なケアを行うのが主な仕事です。

離婚は非常にエネルギーが必要なもの、とよく言われます。これまで夫婦で培ってきた信頼や様々な社会的立場、また子供がいる場合には子供の生活環境等が大きく変化してしまう上、生活スタイルも大きな変化を強いられるものです。一般的には精神的にも経済的にも苦しい状況に追い込まれることが多く、出来れば関係を修復して円満に解決するのが最も良い方法です。その為、離婚カウンセラーに相談する際には、そのような解決方法を視野に入れて相談する方が良いものです。

又、離婚の意志が固い場合には離婚カウンセラーに相談するよりも弁護士に相談する方が早道です。離婚カウンセラーは法律的な相談は基本的には受け付けていないことが多いため、離婚調停や慰謝料の問題などは対応しないからです。このような法律的な問題に関しては離婚問題専門の弁護士に相談する事が早期解決につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です