遺言とは、故人が自らの死後のために残す言葉や文章のことをいいます。法律上は死後の法律関係を定めるための最終意思表示のことをいい、法律上の効力を生じさせるためには民法に定められた方式に従わなければならないとされています。これを書くことによって、故人は自分の希望や感謝を伝えることができるようになり、家族なども相続で揉めることがなくなるなどのメリットがあります。大きく分けて、普通方式と特別方式のもののことをいい、特別方式のものは自分で遺言書を書くこともできないような状態の人などが特別な状況でやむを得ないケースのみに使われる遺言となります。

そのため一般的には普通方式によって行われることが多いのです。遺言書を作成するときには、自著する、作成した年月日を記載する、著名押印を行わなければ無効となってしまいます。代筆やワープロでは無効となります。筆記用具や用紙には特に規定は無く、書き方も横書きや縦書きなどは指定されて居らず、いずれも可能となっています。

内容が書けたら、司法書士や弁護士などの専門家に相談してみるのも良いと思います。書き終わり法律的に問題が無いことが確認できたら、内容や受け取り人の連絡先などを確認し、封筒に入れて改ざん防止や保管の便宜を考えて密封することをおすすめします。火災や盗難、紛失などを考えると信託銀行や司法書士、弁護士などに管理してもらうこともでき、自宅に保管しておくよりも安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です