遺言を残すことは、自分の死後に、自分の希望を知ってもらうための有効な手段です。しかし、財産が関係してくると、それがもめごとの原因になることもあります。そうならないようにするためには、法的に効力のある遺言書を残すという方法があります。遺言書は自分で作成する方法と、公正証書にする方法があります。

自分で作成する場合のメリットは、費用が安いということや、簡単に作り直すことができる点です。デメリットとしては、勝手に書き換えられたり、存在そのものを隠されたりされてしまう可能性があります。また、自分の死後、発見された時には家庭裁判所で検認を受ける必要があります。また、自分で作成する時には、所定の書き方に沿って作成する必要があります。

まず、全てを自筆で作成する必要があります。パソコンなどは使用できません。その他にも、日付を書くことや、署名押印が必要など、さまざまな決まり事があります。これを守らないと法的に有効とならないので注意が必要です。

公正証書にする方法は、公証役場で作成します。作成する時には、相続に関係しない人が証人として二人必要です。口頭で内容を伝えると、公証人がそれを記述して遺言書を作成します。原本は公証役場で保管され、コピーが本人に渡されます。

メリットは、家庭裁判所の検認の必要がないことや、不備があって無効になる心配がないことがあります。デメリットとしては、費用がかかることや、証人に内容を知られるということがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です