人が亡くなったときに必要な相続の手続きですが、残った家族のトラブルにもなりやすい問題です。例えば、土地や不動産などが主な財産の場合、お金のように人数で割ることができません。また、先妻との子供がいる場合なども、争いが起こりやすいです。亡くなった後に、残った家族がトラブルになってしまうのは、悲しいことです。

争わない為に、きちんと遺言書を作成しておくことが大切です。遺言書には、被相続人の最後の気持ちを残すことができ、法的な効力もあります。しかし、書き方にはいくつか決まりがあるので、注意も必要です。自分で作成するには、まずはどう書くのか解らないものです。

この自筆証書遺言にした場合に、間違えた書き方をしていると無効になってしまうこともあります。亡くなった後に、家庭裁判所で検認手続きがありますので、書いた本人は訂正することもできません。折角、残したのに無効になってしまったら残念です。更に、遺言書があることを誰にも言わずに保管しておくと、相続のときに見つからないといったこともあります。

誰かに見られてしまい、不都合があった場合に、書きかえられてしまう心配もあります。長い期間、保管しておくものなので、紛失や盗難も考えられます。そこで、おすすめなのは行政書士などの、専門家と一緒に作成する公正証書遺言です。証人立ちあいで作成し、家庭裁判所での検認手続きも不要なので、無効になる可能性はありません。

最後の気持ちを、確実に残せる安全な方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です