希望する人に財産を残したい場合、何もせずに希望する人にわたることはまれなことです。財産をどうするのかを決めていないと遺族が決めることになりますが、たいていの場合もめます。もちろん、確実にそうなるわけではありませんが、もめる可能性がかなり高いです。話し合いで解決するよりも法律の力で決着をつけたほうが様々な人が納得するものです。

そのために必要なものが遺言書です。ただし、書き方や本当に有効になるかは自分で判断できるものではありません。法律的にも効果がある遺言書を作成するならば、弁護士など法律に詳しい人物と相談しながら作成するとよいです。また、財産が少ない場合は用意しておいたほうがいいです。

遺産相続の際、財産が少ないほうがもめる可能性が高いものです。お金になる可能性があるものならば遺言書を作っておけば遺族がもめることもありません。作成した遺言書は、自分で隠すなどの方法もとれますが見つからなかった場合無効になってしまうので場所を誰かに伝えておくか、弁護士などに預けるとよいです。遺言書はできるだけ元気なうちに用意しておくとよいです。

誰かに書いてもらうわけにはいかずまたパソコンを使って作成したものは無効になります。自筆で書く必要があるので、時間があるうちに書いておくとよいです。書いているうちに、考えが変わることもあります。慌てて書かないためにもある程度財産があるならば早めに用意しておくとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です