個人で自分の意思を遺族に残し、自分の財産などの行き先を明確にするために使用されるのに、遺言書があります。公正遺言書は弁護士などに依頼して作ってもらう必要はありますが、そんなことをせずとも無料でつくって意思を残すことは出来ます。ですが、遺言書はその性質上、公開前に第3者に破棄もしくは改ざんをされてしまうこともありますから、いくつかのチェックポイントがあるのです。まずは、直筆であること。

本名をフルネームでかき、実印などをおすこと。必ず西暦から年月日をかくこと。財産が絡むのでこれはまちがいなく本人が書いたものであるということを照明するために、筆跡鑑定にまわされることもありますからここは注意しましょう。それから封をしたあとは家族全員や知人、親戚などにここに遺言書をかいて保管してあることを伝えることです。

そうしなければ誰かに持ち去られたり破棄されてしまうかもしれません。人が亡くなると、遺言書がある場合は公的機関に関係者全員で出向いて封をした状態で管理人に渡し、公開してもらう必要があるのです。それまではちゃんと保管される必要があるわけです。以上のことに気を付けていれば、自分で書いたものでも効力はあります。

一つかいたものを書き直す場合、古いものの破棄は忘れずにきっちりとしましょう。複数のものが発見された場合、年月日の新しいものだけに効力が認められますから気を付けましょう。常に書き直す場合はそれを誰かに伝えることも忘れずにしたほうがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です