人が亡くなり相続が発生すると、亡くなった人(被相続人)名義の財産は遺産として相続人に引き継がれます。相続財産となりますと、一般的には『金銭』や『不動産』という換価可能なプラスの財産というイメージがありますが、実はこのようなプラスの財産ばかりが相続財産ではないのです。実は、被相続人名義の借金も相続財産となるのです。このような借金などの債務はマイナスの財産であり、被相続人名義のマイナスの遺産として相続人が引き継がなければならなくなります。

しかし、マイナスの財産ばかりが遺された場合、これを相続する人は借金のみを背負うことになり、場合によっては生活に影響が及ぶことも考えられます。このように、相続財産にマイナスの財産しかないときには『相続放棄』という手続きが有効です。相続放棄はその名のとおり、相続を放棄する法的手続きです。ただ単に『相続を放棄した』ということを宣言するだけでは成立せず、家庭裁判所での手続きが必要となります。

この相続放棄が認められると、最初から相続人ではなかったことになり、借金を引き継ぐ必要が無くなります。ただし、全ての遺産についての相続権を放棄することになります。例え、相続放棄の手続き後に多額の遺産が発見されたとしても、その遺産の相続権はすでに消滅していることになります。また、一度相続している場合には放棄することが出来なくなります。

少しの金銭でも引き継いでしまった場合でも相続放棄の手続きが不可能となりますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です