相続放棄は親に借金等がある場合にその借金を相続せずにすむ良い方法です。しかしこれには期限があるので期限内に手続きを行わないと放棄をすることができません。財産を相続する場合には、基本的には法律で決められた割合により財産が分配されます。この財産については相続されるすべての財産を含み、借金などの負の財産についても相続されるものです。

したがって親に借金がある場合この借金を法律で定められた割合で分配しそれぞれの相続人が背負うことになります。そのため、借金があった場合にはその借金を含めて相続をしなければならず財産が減らされてしまうことにもなります。これを回避する方法として相続放棄と言う方法が法律で認められているのです。ただし相続放棄を行う際にはすべての財産の相続の権利を放棄することとなるほか財産を相続する権利があると知ってから一定の期間のうちに相続放棄の手続きを行わないと放棄ができなくなります。

しかし一般的には故人が亡くなったその後の手続きや感情的な問題により忘れてしまうことも少なくありません。また最近では内緒で借金をしていることも多くなくなってから借金があることに気づくことも少なくありません。そのため、財産を相続する際には法律に詳しい弁護士等の協力を得て事前に手続きの準備をしておくことが大切です。また財産を残す側も生前に弁護士等の協力を得て借金等の整理をするほか財産の分配についても充分に検討しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です