遺産相続手続きの制度の一つに相続放棄というのがあります。残された遺産には、預貯金や不動産などに代表されるようなプラスの財産もありますが、借金などのマイナスの財産もあります。こうした場合、プラスの財産だけを相続するということはできずに、遺産を相続する場合はこれらのマイナスの財産も相続しなければなりません。ただし、プラスの財産の限度でマイナスの財産を相続する限定承認という手続きもありますが、プラスの財産よりもマイナスの財産が大きい場合には相続放棄の申請をすることができます。

この申請は相続人が被相続人の死亡を知った日から3カ月以内と期限が設けられています。この申請が認められれば、被相続人の遺産は引き継ぐ必要がありませんので借金を負わされることもなくなります。相続放棄を検討する必要のあるケースとして考えられるのは、プラスの財産がマイナスの財産よりも多い場合であっても、預貯金などがほとんどなく、不動産などのお金に換えにくいものが多い場合は相続税の納付が難しい状況になることがあります。こうした場合にも相続放棄を検討する必要があります。

また、被相続人がなくなってから相続財産を慌てて調べても3カ月という期間はすぐに経過してしまいますので、こうした事態を未然に防ぐ前にも、出来るだけ被相続人が生前に財産の内容について家族に伝えておくことで、残された遺族の困惑を防ぐことができます。遺産相続手続きには専門的な知識が必要になることもありますので、相続放棄を含めて各制度について一度弁護士などの法律の専門家に相談することをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です