相続におけるトラブルの多くは法律の絡む厄介なものであることが多いです。また、家族間の関係や被相続人の介護問題などが絡み、遺産分割においても感情論になって結果的に根深い確執やトラブルを生む原因になることも。話し合いで解決できればいいですが、長年の確執が原因でどうしても話し合いでは決着がつかず、裁判所の判決を仰ぐ事態になることも珍しくありません。裁判所の絡むトラブルとなると、弁護士の管轄になります。

調停が適しているのか、それとも最終的に裁判で決着をつけることになりそうなのか、弁護士の助力してもらって解決に向けて動くことになるでしょう。そこで問題になるのが弁護士費用です。弁護士に解決を依頼すると、弁護士費用が発生します。また、裁判所を使うとなると裁判所の費用や、諸手続きのための費用、そして弁護士の交通費などの経費も必要になります。

実際どのくらい費用が必要になるかはケースバイケースで、概ね、遺産額が大きくなる、そして解決までに時間がかかると、費用は大きくなる傾向にあります。相続のトラブルを解決したくても、弁護士費用が大きな心配事になるに違いありません。弁護士事務所によっては一括払いのみというところもありますが、最近は多くの事務所で分割払いも受け付けています。また、法テラスでは助成金や分割払いの手助けなどもしてくれますので、よく知っておく必要があります。

この他に司法書士会や弁護士会、地方自治体、法務局では相続関係の無料相談を開催していることもありますので、まずはそちらに相談に行くのも手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です