交通事故を起こしてしまった場合も巻き込まれた場合も、知っておきたいことは慰謝料のことです。この慰謝料というのは、交通事故などによって被った精神的苦痛の度合いによって賠償が変わります。しかし、精神的苦痛というのは目に見えるものではないので、身体の怪我やその被害状況によって計算される場合がほとんどです。基本的には、病院などに行き、その怪我の治療にかかった日数などを基に金額が決まります。

また、この慰謝料には種類があり、治療費、入院費、通院費、休業損害などが全部含まれたものと、後遺症が残った場合に払われるもの、また被害者が死亡した際に払われるものがあります。休業損害は、被害者が事故に遭ってからそれにより仕事を休まなければならなくなっただけの間の給料を算出します。後遺症に関しては、等級が設定されているので被害者の後遺症に合わせて金額が算出されます。死亡慰謝料は、被害者が主に家計を支える立場だった際に、配偶者や子どもなどの家族に対して支払われることになります。

もちろんそうでない場合にも、基本的には支払われるものですが金額に差が生じるのが特徴です。交通事故が起こった際には、自分ではなかなか慰謝料の算出や手配などを行なうのは難しいと言えます。そのため、出来るだけ弁護士などを雇って、相談したり、代わりに様々な手配をしてもらった方が安心できる場合もあります。被害者であっても加害者であっても、誠実な対応をすることが重要なことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です