交通事故は思いがけない時に起こるものですが、大きく分けて、車同士、クルマと自転車や人間、自転車と人間などのいくつかのパターンがあります。 道路交通法では、クルマより自転車、歩行者を、自転車より歩行者を交通弱者と位置付けて、多くの場合、交通弱者よりも相手方の責任を重く捉える仕組みになっています。ただし、これはあくまで原則であって、実際の交通事故の状況によって、どちらの責任がより重いかを判定した割合を過失割合といいます。 事故処理の原則は、双方の損害の総額を過失割合で互いに賠償しあうことで、このルールを過失相殺といいます。

 そのため、事故処理の最終的な負担は、損害の総額がわからないと決めることができませんが、人間の治療費はもちろん、車の修理費用も、作業過程で損傷個所が新たに見つかるなど、終わってみないとわかりません。 損害賠償と慰謝料は、法律上の性格は異なるので、”損害は損害で賠償をします、それとは別に、ご迷惑をおかけした慰謝料を支払います”ということもあり得ないことではないですが、実際の交通事故の処理は、無保険の場合を除いて自動車保険の保険会社を介して行われます。 保険会社を介して事故処理を行う場合、怪我の治療費の仮払が行われることはありますが、お互いの過失割合などが確定して耳朶が住むまで、慰謝料を先行して支払うことはありません。 事故の当事者になってしまったときも、気持ちのうえで謝罪をしたい気持ちはあっても、過失割合や損害の負担がはっきりする前に慰謝料を支払うのは控えておくのが安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です