交通事故の慰謝料というのは種類があります。それに応じて加害者は支払っていくことになり被害者は受けた傷を癒していくことになります。まずは入通院に関するものと後遺症に関するものの2つがあるということをおぼえておく必要があります。前者は怪我の治療などに関するもので治療費や入院費などがそれにあたります。

これは怪我の程度などによって額が決定されていきます。とうぜん入院や通院が長引いてお金がかかるような状況になれば金額は高くなります。もう一つは後遺症に関するものです。これは治療をしても改善がもう認められないような場合や生活に著しい不便が出てきてしまう場合など、程度に応じて金額が決定されていきます。

また交通事故の慰謝料で非常にトラブルが起きやすいのが金額に関する部分です。金額の決定は自賠責基準や任意基準や裁判所基準というものがあることをおぼえておかないといけません。これは自賠責基準が最も安く裁判所基準が最も高くなる傾向があります交通事故の慰謝料では支払う場合は保険会社などが払うことが普通になってきますが、出来るだけ抑えたいのが本音になっています。また被害側は出来るだけ高い金額を受け取りたいのが本音になります。

個人レベルで保険会社と渡り合っていくのは難しいですから交通事故専門の弁護士に依頼することが大事になってきます。弁護士を間に入れた方が金額は上がる可能性がありますが高い実績を要する所にお願いすることが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です