相続では多くの複雑で煩雑な手続きがあり、それに加え遺産の分配といった協議をしなければならないため、専門家の手を借りずに解決するのは困難な場合もあります。そのような状況では弁護士など専門家に相談して手続きや協議の代理を依頼するとスムースに話が進みます。特に弁護士は、相続に関する手続きに制限がある司法書士や行政書士と違い、ほとんどの手続きを代理することができますが、主に弁護士を必要となるのは遺産分割で争いがある場合です。例えば、遺言に納得ができず法律で定められた取り分である遺留分を請求するためや、不動産や現金など自分が欲しい遺産を希望するため、あるいは単純に他の人より多くの遺産が取るために依頼する場合があります。

遺産分割協議では、相続人全員の合意がないと遺産分割は成立せず、家庭裁判所で遺産分割調停、審判において第三者に判断を委ねることになります。被相続人から支援や贈与を受けていた場合の特別受益や、家業を継いだ、介護をしたなどの寄与分の争いは、こうした調停や審判で解決するケースが多いです。遺産の額が多ければ多いほど遺産分割は難しくなるため、調停や審判を有利に進めるためにも弁護士の存在は不可欠であると言えます。ただし、遺産分割で争いなく合意ができる場合には弁護士は必要となりません。

その場合は、相続人の調査や遺産分割協議書の作成、遺産の不動産の登記などは司法書士、行政書士に、税金の申告書の作成は税理士に、それぞれ依頼するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です