親や配偶者が亡くなった時、悲しみに浸っているだけでは済まされない『遺産相続』の問題。自分には縁のないことだと思っていたけれど、手続きやら何やら面倒なことがたくさんあることに気が付きます。そうそう起こることではないので、どのような手続きをいつまでにすればよいのかということさえ、分からないことが多いものです。とくに『遺産相続』では、様々な問題が発生することも少なくありません。

そのような場合には、弁護士に依頼して迅速かつ円満に解決してもらうことが賢明です。法律に関する分野はもちろん、不動産などの登記に関しては専門職である司法書士との連携プレーなどで素早い対応が期待できます。自分ですべて行うことは可能ですが、専門分野でない場合には、時間と手間をかけることになります。遺産相続では、仲の良かった兄弟でもお金が絡んでくるとトラブルになることもしばしば見受けられます。

楽観視してはいられませんね。遺言書の有無によってすんなり解決することもあれば、内容に不服がある相続人もでてきたりと、様々な展開が予想されるのです。相続人同士での話し合いでは、収拾がつかなくなることもあるため、法律の専門家を間に入れることも一つの手段といえます。亡くなった人のすべての遺産を明らかにするところから弁護士に依頼することで、公平かつ円満に分配することも可能となるのです。

弁護士に依頼する場合には、その分野に関して特に詳しいとされている人がベストです。みんながみんな詳しいわけではなく、それぞれ得意な分野を持っているので、相談の段階で過去の実績や解決策などを確認したうえで依頼すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です