亡くなった人の遺産を相続するとはいっても、配偶者は当然として、その子供を含めると、何人もの相続人がいるというのが一般的であるといえます。こうした場合ですが、遺産というのは現金のようにきれいに分けられるようなものは少なく、たいていは土地と建物のように動かすことができない不動産であるとか、物理的に切り分けようがない自動車であるといったものばかりということが多いものです。こうした場合、通常は誰に対してどの遺産をあてがうのかという、遺産分割協議とよばれる話し合いをもつことになります。そして、その結果を遺産分割協議書という文書にまとめて、参加者それぞれが署名捺印をすることになるわけですが、この書類はあとで重要な意味をもってきます。

たとえば、不動産の名義をあたらしく取得した人にあらためようというのであれば、法務局に申請書を提出しなければなりませんが、さらに証拠書類として、さきほどの遺産分割協議書などが必要となってくるのです。証拠書類であるからには、内容にまちがいがあったり、不備があったりしては、やり直しということになってしまいます。さらに、遺産分割協議書だけではなく、印鑑登録証明書、戸籍謄本、住民票などといったものまでも必要となります。こうした場合ですが、できるだけトラブルなく申請をすすめたいのであれば、弁護士のような専門家に依頼するのがよいといえます。

弁護士は相続のような民事上の問題にもくわしいため、遺産分割協議についても適当な処理が期待されるところです。もちろん、正式に依頼をするのではなく、法律相談というかたちで、弁護士にアドバイスを得るだけといったことも可能ですので、迷っている場合は、まずは相談から入るとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です