遺産を相続する場合、その後の不動産の名義変更の手続きなどといったものについても、しっかりと行っておく必要があるといえます。不動産というものは、そもそも外見からは所有者がわからないものですので、法務局に対して登記を申請し、登記簿に氏名などを掲載してもらうことによって、所有権があることを主張するという制度をとっています。そのため、いつまでも亡くなった人の名義のままでは、将来売却をしたり、さらに子や孫への相続が発生するといった段階で、所有権を主張できずに困ってしまうことになります。こうした相続による名義変更の登記については、申請書そのもののほかにも、多くの添付書類をあつめて、所有権が切り替わったことを証明する必要があります。

実際にどのような書類が必要になってくるかですが、まずは亡くなった人の戸籍謄本、本人やその他の相続人の戸籍謄本、印鑑登録証明書、住民票などといったものとなります。特に、亡くなった人の戸籍謄本については、出生から死亡までの一連の経緯がわかるものでなければならず、素人が役所で集めても、書類不備で却下となってしまうことが多いものです。そこで、弁護士のような法律事務の専門家に相談をすることで、こうした事態を防ぐことができます。弁護士はもちろん裁判の弁護にもたずさわりますが、相続のような法律がからむ問題でも相談ができるのです。

弁護士のアドバイスに納得できれば、正式に契約をして、書類集めをはじめとして、実際の申請書類の作成などの手続きも代行してもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です