人が亡くなると、亡くなった人が所有していた財産や権利関係は、配偶者や子供などの家族が引き継ぐことになります。いわゆる相続が発生するのです。この際に亡くなった人が遺言を作成している場合には、その遺言に記された内容のとおりに遺産の分配が行われます。これは遺言が無くなった人の最期の意思表示として尊重されるためです。

しかし遺言が無い場合には、法定相続人による話し合いによって遺産の分配割合が決定します。この話し合いが遺産分割協議です。この遺産分割協議が成立しなければ、遺産を引き継ぐことは出来ません。しかし、この話し合いの段階で多くの相続トラブルが発生します。

相続人それぞれに考えがあり、その分配割合に折り合いが付かない場合、あるいは長男が遺産全てが自分のものであると思い込んでいる場合などにトラブルが発生します。一度遺産分割についての話し合いがこじれてしまうと、たとえ兄弟姉妹であっても人間関係に亀裂が生じてしまい話し合いすらできない状況に陥ってしまうのです。このような相続トラブルが発生した場合には早急に弁護士などの専門家に相談することをお勧めします。弁護士であれば兄弟間のそれぞれの意見を調整してくれますし、万が一遺産分割に関する裁判にまで発展した場合にも力になってくれるでしょう。

しかし、弁護士などによって解決するよりも、当事者同士の話し合いによって解決することが望ましく、弁護士などの専門家への依頼は最終手段と言ってよいでしょう。広島で債務整理のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です