相続が可能な資産には不動産や現金、有価証券など、資産価値のあるものは全て含まれます。もし家族が一人であればすんなり親の資産を相続できますが、二人以上の場合には問題が起きる場合もあります。例えば不動産というものは、場所に固定されているため動かしたりは出来ませんし、家を分割するというのも無理な話です。このように、分けることが難しい資産の場合には相続時にややこしいことになりやすいため注意が必要です。

事前に家族と話をつけて納得していればいいですが、必ずしも全員が納得しているわけではありません。そのような場合には弁護士を雇うことで相続問題を解決するのがお勧めです。弁護士は法律の専門家ですからあやふやな事象にも明確な基準を持って対処してくれます。もし、納得の行かない資産の分配方法を提示されてしまったら、弁護士の人に相談してできるかぎりこちらの意向に添うように働きかけることが出来ます。

また、土地資産の場合には分筆といって、土地を分けることで資産を分配する方法もあります。この方法は土地の測量を資格を持った人が行い、正確に土地を分配することが可能です。分筆は個人ができるものではなく専門の資格を持った人のみが行える作業のため依頼をするのにもお金と手間がかかります。相続問題は弁護士を雇っていれば、このような場合にも手続きを全部任せることが可能です。

面倒な申請作業などは全て弁護士に任せてしまうのがオススメになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です