弁護士に相続に相談をすることができます。細かいことをじっくりと決めることができます。相続と言うのは、金額の如何に関わらず、物凄く揉めることがあります。揉める、と言うのは、誰々が多いとか少ないとかそうしたことです。

しかし、それは相続させる側が決めることができます。遺留分、と言うのがありますが、それをクリアしていれば、まったく問題ないです。或いは非嫡出子などに関する配分で揉めることはありますが、とにかく法律で配分の最低限は決まっています。それを守っていれば良い、と言う話になります。

それでも揉める可能性があるのが、相続であり、それを弁護士に相談をするわけです。弁護士と言うのは、相談をするだけでもお金がかかります。また、本格的に依頼するのであれば、それから更に費用が嵩むことになります。相続と言うのは現金であれば、非常にわけやすいです。

ですが、不動産などの場合、売ることをしないのであれば、分けるのが大変になります。そこが揉めることになります。それで非常に難しいことになりますから、相談をするわけです。お金をかけることでもないと判断する人もいますが、それなりの財産があれば、それは備えておいた方が良いです。

確実に揉めないように事前に手を打っておくわけです。そうしておくことがある意味では、財産を遺す側の配慮といえます。下手に禍根を残すようなことをしないで強制的にしっかりとした書類を遺して、何もいえないようにしておくのがベストです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です