遺産相続の際には是非弁護士のサポートを活用する様にしたいです。なぜなら、遺産相続はお金が絡む問題ですので、普段仲の良い家族や親族の間でも、度々トラブルが発生してしまうからです。財産の持ち主が亡くなった場合に、誰がどれだけの遺産を引き継ぐかと言うことは、法律によって定められております。遺言が残されていれば遺言の内容が最優先されますが、もし遺言が残されていなければ民法で定められた法定相続通りに遺産を分割することになります。

現預金などは比較的容易に分割することが可能ですが、分割することに適していなくて、財産価値の大きい不動産などは誰がどの様に引き継ぐかと言うことを、簡単に決めることは難しくです。遺産分割協議によって決めるのですが、様々な考え方が入り乱れますので中々協議が成立出来ません。その様な場合には、弁護士に相談する必要があります。お互いの主張を聞いて、最善の解決策を提案してもらえます。

当事者同士だけの場合は、お互い感情的になってしまいがちですが、第三者が間に入ることによって、冷静に話し合いを進めることが出来ます。また、遺産分割協議が成立しなければ、調停や訴訟も視野に入れなければならなくなりますが、そうなると本格的に弁護士のサポートが必要となります。ただし、出来ればそこまで事態が悪化する前に解決したいですので、出来るだけ早い段階で弁護士には相談することが大切です。相談するタイミングが早ければ早いほど、解決し易いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です