最近では一般的なサラリーマン家庭であっても相続税の納税義務が発生する可能性があります。そのため何らかの対策を行う必要がありますが、なかなか個人では行うことができず、また税法に触れてしまい、脱税の指摘がされるかもしれないといった不安感から実践できない人は少なくありません。そのようなときに力となってくれるのが弁護士です。弁護士は法律面での観点から、相続に関する様々な手続きや相談などを行ってくれます。

また遺言書などの相談にも乗ってくれるため、亡くなる前から様々な対策を行うことが可能です。更に最近では無料の法律相談も受け付けており、それらのサービスを利用してから弁護士に依頼するかどうかの検討を行うことも可能です。基本的に弁護士は税理士の業務も行うことができますが、申告までを業務として行っている弁護士事務所は少ないため、申告のみを税理士に依頼する場合が多いです。その際自身の知り合いに税理士がいなくとも紹介してもらえることもあります。

また上記の無料相談が利用できない場合、法テラスと呼ばれる無料相談窓口が存在し、相続だけでなく様々な法律面での悩みを解決すべく、それぞれの事例に合った人の斡旋なども行ってくれます。また支払が難しい場合は分割での支払や、一時的な貸付制度なども活用することが可能です。これから相続税対策について考えている方は、上記のようなサービスを活用し、節税などを行っていくことをお勧めします。広島で交通事故のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です