相続の問題が生じると、たとえ家族間であったとしても、解決するまで長引いてしまうことがあります。特に、長年ぎくしゃくした関係にあると、それが表面化して感情的になってしまうこともあります。そのため、解決には法的専門家の役割が重要です。この法的専門家とは、もちろん弁護士のことです。

相続に関して問題が生じやすいのが、遺産の分割に関してです。例えば、誰がどの財産を相続するのか、この遺言は本物なのかといったことです。この点につき、うまく話をまとめられることができればそこまでですが、中には何年も解決がなされないこともあります。そういった時は、訴訟に持ち込んで、裁判で決着をつけるほかありません。

弁護士は、この時に強い力を発揮します、民事訴訟は、特に訴訟代理人に訴訟を依頼しなくてもすることができますが、あまりお勧めできません。なぜなら、裁判所に権利を認めてもらうためには要件事実を認めてもらわなくてはなりませんが、これを素人が理解することは難しいからです。要件事実とは、訴訟で相手に何かを請求するときに、満たさなければならない要件のことを言います。この点は、判例や学説においても見解が分かれることも多いので、弁護士に任せた方が安心できるのです。

また、弁護士に相談することで、訴訟に発展する前に交渉がまとまる可能性もあります。それならば紛争が長期化せず、家族間のわだかまりも生じないでしょう。したがって、相続問題で悩んでいる時には、弁護士の力を頼るのがお勧めです。広島の相続の弁護士のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です